上海観戦ガイド

【はじめに】

こんにちは。とれっどです。

明日から上海に行って7/7〜7/9に行われるハースストーンの春季世界選手権に出場してきます。

ようやく全選手のデッキが一般公開されたので、ぱっと見の印象を書いておきます。

観戦や投票の参考にして頂けると幸いです。

【自分の構成】

Tredsred.png

APAC(アジア予選)の時点で自分の構成には自信があり、準優勝することも出来たので、大きく構成を変更する必要はないと判断しました。

海賊ウォリアーはこれが最適の形だと思っているので30枚同じです。

シークレットメイジはAPACであまり役に立たなかったパイロスを抜き、カードパワーの高いガーディアンメディヴを入れました。この変更は非常にうまく行き、昨日の月末ラダーで特に苦労することなくTop100フィニッシュ出来ました。真面目にやれば一桁フィニッシュできるくらいの勝率が出ていたと思います。

パラディンはトゥルーシルバーチャンピオンを勝鬨の剣に変更しました。ここは非常に迷ったのですが、進化シャーマンやトークンドルイドと戦う機会が多そうなので0/3トーテムや獰猛なヒナを処理しやすくするため変更しました。

最後の1デッキはAPACで使用した進化シャーマンからクエストローグに変更しました。これはクエストローグのデッキパワーが想像以上に高そうなこと、進化シャーマンが一般に広まりメタられる危険性が増したことに加え、APACでMage選手に2回負けたのですが、決勝は運が悪かったのでどうでもいいとして、スイスラウンドで当たった際に2-2で進化シャーマンがクエストウォリに負けてしまったため、ここがクエストローグだったら抜けられたかもなと思ったからです。

デッキの完成度はメイジとウォリアーとローグが100点でパラディンが80点くらいかなと思います。正直パラディンのデッキはもっといい形がありそうだなぁとずっと思っていたら、悪辣なる海賊と武器4枚積んだ型が1位になったとかいうのをさっき見たので、『あー、こっちだったなー』と反省してますが、総合380点は過去最高の仕上がりです。同じ構成でMetaMondays#48という海外の112人参加したオンライントーナメントを優勝出来たこともあり、デッキには割と満足いってます。

【対戦相手】

自分のグループはRdu, Ant, JasonZhouでした。

Rduは昔から活躍しているルーマニアのプレイヤーで知っている方も多いと思います。結構若かったはずです。

Antは昔から活躍しているアメリカのプレイヤーで、Rduには劣りますがかなり有名です。自分がAPACで準優勝した構成はほとんどAntがアメリカでベスト4を取った構成のパクリなので私にとってオリジナルな存在です。

JasonZhouはここ1年の活躍が目覚ましい中国のプレイヤーです。去年の世界大会でベスト4の他、数多くの大会で常に上位の成績を収めています。間違いなく中国10億人で最も強いプレイヤーだと思います。プレイヤーとしての格といった点で見ればこのグループでトップの選手だと思います。

【対戦相手の構成】

リンク(英語ですが全ての選手の構成を見ることが出来ます)

ハースストーンの大会はちょっと複雑なじゃんけんです。お互いのプレイヤーがミスをしなかった場合、7割のデッキ相性と3割の運で勝敗は決まります。

今のウンゴロ環境にはグー(アグロ)、チョキ(翡翠・クエロ)、パー(コントロール)の3つのデッキ構成が存在します。

自分が今回持ち込んだ構成はチョキとパーに勝てるグーです。今の環境ではグーがとても強く一部のアグロデッキはコントロールデッキに有利をとることが出来ます。マーロックパラディンとシークレットメイジはその典型例です。そこにコントロールデッキと五分な海賊ウォリアーとコントロールデッキに絶対勝てるクエストローグを合わせて持ち込みました。

弱点は同じグーのデッキです。進化シャーマン、トークンドルイドというグー対決に強いグーをデッキから外して、クエストローグというグー寄りのチョキをデッキに入れているため、グー対決に弱い構成となってしまっています。全ての構成に強い構成を作ることは不可能なためこれは仕方がありません。グー対決は短期戦になるため、序盤の引きによって相性が覆る確率が他の組み合わせよりも高いこともあり、ここには目を瞑ることにしました。

対戦相手の構成の話に移ります。

自分の初戦の相手のRduはトークンドルイド、進化シャーマン、海賊ウォリアー、フリーズ寄りのコントロールメイジでした。グーに強いグーとなっています。パーと当たった際に簡単に負けてしまうことや、チョキと当たった際にクエストローグにはいけるけれども、コントロールメイジが足を引っ張り翡翠ドルイドには抜かれてしまうことが弱点ですが、グー対決の強さでは圧倒的です。b787君の二番煎じぽくてあまり言いたくないのですが、間違いなく自分以外の15人の中で最悪なデッキ構成と初戦で当たってしまったことになります。

Antはトークンドルイド、進化シャーマン、海賊ウォリアー、シークレットメイジでした。Rduと同じくグーに強いグーとなっています。シークレットメイジはグー対決で割と弱めのデッキなので、全てのデッキでこれを倒すことが出来れば勝てるだけ、Rduよりもややマシですがそれでも自分以外の15人の中でRduに次いで2番目に相性が悪い相手であることは確かです。アグロ構成にクエストローグ入れてないのは16人中この2人しかいないので、マジ勘弁してくれって感じです。

JasonZhouは翡翠ドルイド、ミッドレンジマロパラ、クエストローグ、翡翠シャーマンでした。パーに極端に強いチョキとなっています。RduとAntの構成を見て「はぁ~運悪すぎ、最悪」となっていた私ですが、JasonZhouの構成を見た時に最も運の悪いプレイヤーは自分ではなかったことに気づきました。

他の3人がグーを出しているところに1人だけチョキを出しているため、間違いなくこのグループで最低の構成です。特に私の構成はグー対決に寄せているRduやAntよりも更にJasonZhouには有利を取れているため、普通にやればまず負けないと思います。

ただ、冬季のb787 vs Fr0zenからも分かるように構成で有利な方ほど負けたら恥ずかしいというプレッシャーからミスが増えてしまうこともあるので、落ち着いてプレイするように心がけたいと思います。相手は中国最強の選手なのでミスったら逆転される可能性も十分にあります。

この予選グループで2位以上になると、2次ラウンドに進むことが出来ます。プレイヤースキルと構成から通過確率の目安を示しておくと、Rduが75%、Antが70%、自分が35%で、JasonZhouが20%くらいだと思います。

他のグループも含めたトーナメント全体を見ても、今回はパーを持ってきた人が1人もおらず、プレイヤーのレベルの高さを感じました。失礼な言い方になりますが、予選レベルだとパーが現環境で明らかに弱いことに気づかず持ち込むプレイヤーが一定数存在しました。そのため自分やJasonZhouのような構成が機能しました。しかし、今回の大会はレベルが高く、弱い構成が見当たらないため、若干読み外したなと思っています。しかし、プレイヤーのレベルの高さ読みというのは実際に出場してみないと掴めないところも多かったので、仮に今回負けてしまっても次に活かせる部分は多いと感じています。

JasonZhouはブログで自分自身に投票するべきでないと言っているようです。私も自分自身に投票するのは賢明な選択ではないと思っています。しかし、他のグループの選手の構成には割と有利を取れているため、奇跡的にグループを突破することが出来れば優勝も有り得るかなと思います。あるぞ、一発逆転な展開が好きな方は応援・投票よろしくお願いしますm(_ _)m

【他のグループの解説】

皆様の観戦が楽しくなるように、他のグループの選手についてもざっと触れておこうと思います。

グループAは最も厳しいグループになったかなと思います。

Muzzyはアメリカで最高の選手ですし、Neireaは私が最も好きなウクライナのスター選手です。この二人が初戦でぶつかるのは熱い展開です。デッキ構成も似ており、極端な相性差はないため上手い方が勝つと思います。全ての初戦組み合わせで最も注目すべき試合に思えます。

XHopeは中国の有名な選手で冬季選手権でb787君と対戦したことから知っている人も多いと思います。先日、EU vs CNというヨーロッパと中国のスター選手が招待され2000万円相当のフェラーリを賭けて戦う大会を見事優勝し、世界賞金獲得ランキングで去年の世界王者Pavelに次いで2位となりました。今大会参加者の中で最もハースストーンで大金持ちになったぞ的な人です。CitizenNappaはAPACで私と2回対戦したオーストラリアの選手です。2回とも私が勝利しましたが、デッキ相性差によるものなので彼のプレイヤースキルが低いわけではありません。DEKKIのインタビュー記事を事前に読んでおくと楽しめると思います。XHopeは今大会参加者の中で最もパーに近いデッキを使っており、CitizenNappaは最もスタンダードなクエストローグ入りのグーです。キャリア、デッキ相性等からXHope有利と思われますが、プリーストは16人中XHope以外の15人が弱いと判断したデッキであることは確かであり、足を引っ張って負けることは十分に考えられます。XHopeは前述したフェラーリ獲得の際にもライラプリーストを使っており、現在世界最高のプリースト使いであることは間違いないため、良くも悪くも彼のプリーストに注目です。

グループBはそれなりに有名という選手が集まった印象です。

Hoejは最もレベルの高いヨーロッパ予選を1位通過したデンマークの選手です。その後行われたDreamHackという別の大型大会でも優勝は逃したものの、スイスラウンド10-0と圧倒的な力を見せつけました。今、世界で一番ノッている選手だと思います。Kranichは昔から活躍している韓国の選手です。3年前と2年前に世界大会のBlizzconに出場していて、アジアで最も強い選手です。DEKKIのインタビュー記事を事前に読んでおくと楽しめると思います。デッキ構成はお互いアグロですが、Hoejの方がやや有利かなと思います。

Kuonetは台湾の選手ですが、アメリカに住んでいてアメリカ枠での出場となります。同じ2位同士で予選ラウンドで当たらないこともあり、私の上海行きが決まった後、とてもフレンドリーに接してきてくれました。(デッキを教えてくれたのには驚きました) すごく親日で他の日本人選手にもとても詳しかったです。私が自分以外で最も応援している選手です。プレイヤーとしてのキャリアも長く、パトロンウォリアー等の難しいデッキを好んでいました。Doggggは中国の選手です。前述したフェラーリ大会の決勝でXHopeに負け、惜しくもフェラーリを逃しました。ahqという台湾の名門プロチームに所属しています。Kuonetはパーとチョキの中間くらいで、Doggggはチョキに強めのグーです。Kuonetの翡翠ドルイドが抜けられなそうですが、もしどこかでぶん回って抜けた場合、今度はDoggggのトークンドルイドが抜けられなくなりそうです。お互いにドルイドが足を引っ張っているため、練気絡みのぶん回りを引き起こした方が勝ちそうです。

グループCは一番レベルの低いグループかなと思います。

MageはAPACで私を2回倒したオーストラリアの選手です。2回とも私が負けましたが、これは相性差によるものなので飛び抜けてプレイヤースキルがどうとかいった話ではありません。フリーズメイジの増加が予想された今大会ですが、蓋を開けてみれば今回も彼一人がフリーズメイジでの参戦となります。DEKKIのインタビュー記事を事前に読んでおくと楽しめると思います。Trunksは中国の選手です。正直謎に包まれていてよく分かりません。デッキ構成はTrunksが純粋なチョキでMageが正直何がしたいのかよく分かりません。Trunkの方が有利を取れていそうですが、フリーズメイジ使いにしか見えない何かがあった場合、Mageの快進撃も期待出来ます。

Kolentoはウクライナの選手で世界最強です。大会でのデッキ選択という面では微妙ですが、圧倒的なプレイングスキルでそれをカバーしている印象です。DiegoDiasはブラジルの選手で大きな大会で見るのは初めてです。EU予選でKolentoが使用したデッキをパクってアメリカ予選ベスト4を掴み、上海行きを決めました。今回も二人ともほぼ似たような構成なので、オリジナルのKolentoがやや有利かなと思います。

最後に各グループの1位抜けを予想したいと思います。

AグループはNeireaです。EU予選と同じ構成を使っているため、彼のプレイヤースキルも合わさってほとんどミスをしないでしょうし、グループ内での相性的なポジションも悪くないです。

BグループはHoejです。最近のHoejの勢いは凄まじいですし、グループ内でのポジションも良いです。

CグループはKolentoです。正直、今回彼が持ち込んだ構成はそこまで良いと思いません。しかし、運良くアグロのいないCグループに入れたため、彼のプレイヤースキルを発揮することが出来ます。アグロを見て採用したであろう進化シャーマンが空振りしたことが少し不安ですが、彼のプレイヤースキルを考慮するといけそうなグループです。構成面だけでいえばTrunksが最も良いと思うので、もし謎の実力者だった場合には一波乱ありそうです。

DグループはRduです。グループ内の全ての相手に微有利以上ある構成だと思います。プレイヤースキルを考慮しても本命でしょう。彼自身、「俺の構成グループで最強、やったぜ」的なツイートをしていました。

普通にデッキリストと試合の組み合わせを見て一から考えて書いていったのですが、衝撃の事実に気づきました。

ヨーロッパ最強ですね、おわり。

【おわりに】

ここまで読んでくださってありがとうございました。書き始めたら止まらなくなって、やべぇ明日の準備何もしてねぇって感じの22時30分なうです。

私の優勝予想はRduですが不利構成でRdu倒したら気持ちいいと思うので頑張ってきたいと思います。

もし、上海で時間と環境を手に入れることが出来たら、ツイートやブログで現地の様子を伝えていきたいと思うのでチェックよろしくお願いします。

何か聞きたいことあれば、暇な移動中に返信するのでコメント欄にどうぞ。

Amazon欲しいものリスト (やる気が上がって記事が増えます)

Twitter:@Tredsred

広告

上海観戦ガイド」への4件のフィードバック

  1. 今日ハースストーンを始めました。
    トーナメントで応援した人が勝つたびにパック獲得というイベントがあるようなので、
    日本人選手のtredsredさんを応援します。頑張ってください!

    いいね

  2. 分かりやすい相性観戦ガイドありがとうございます。これを眺めながら本大会視聴も楽しみたいと思います。
    構成はきつそうですがTredさんが勝てるように応援してます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中