日本選手権を振り返って・2

【オフライン・1日目】

ルール:デッキ提出制・4HERO1BAN・コンクエストBO5

この日だけまともなルールで行われた。サンキューブリザード。

4HERO1BANの大会はほとんど経験がなかったので、どのようなデッキを持っていくか、かなり悩んだ。

初めに考えたのはBANするヒーローを何にするかということである。せっかく1ヒーローをBAN出来るんだから、4デッキの苦手デッキを揃えていき、それをBANするのが最もデッキの総合力を上げられると思ったからだ。

そしてBANするヒーローは環境にそれなりにいなくてはならない。プリースト等、元々極端に数が少ないヒーローをBANする構成を考えていっても、BANのメリットを享受できないからだ。

だから、BANの候補になるヒーローはシャーマン・ウォリアー・ウォーロックだと考えた。そしてTempoStormの相性表とのにらめっこが始まった。

【シャーマンBANの場合】

シャーマンというヒーローはミッドレンジとアグロの2タイプのデッキが環境に存在する。そしてミッドレンジシャーマンはコントロールウォリアーに強いけれど、アグロシャーマンはコントロールウォリアーに弱いなど、デッキタイプによって相性がバラバラである。ということはシャーマンと当たっても自分の苦手なタイプのシャーマンデッキかどうかは1/2の時が多く、あえてBANする意味はないと考えた。

【ウォリアーBANの場合】

今回の出場者の半分以上はこのウォリアーBAN構成だったのではないか。私と一緒に練習したルネさんもウォリアーBAN構成で出場した。テンポウォリアーやパトロンウォリアーは非常に強力なデッキだが、コントロールウォリアーに弱いため、ウォリアーBANでウォリアーを使うことはよく見られる。ルネさんの使ったアグロシャーマン、フリーズメイジ、パトロンウォリアー、ズーという構成はデッキパワーも高く、正しいウォリアーBAN構成だと思う。

この構成はデッキパワーが高く安定するが、私は一つ問題点があると思う。それは戦う前に詰ませられないことだ。コンクエストという形式は全てのデッキで1勝しなければならない。そのため4デッキ全てで相手の1デッキに有利をとる構成を持っていけば、対戦が決まった時点でほぼ勝利が確定するのだ。この戦う前に詰ませるということが絶対に負けないためには必要だと思っているので、私はこの構成を使用しないことにした。

【ウォーロックBANの場合】

そして今回私が採用したのが、このウォーロックBAN構成である。ウォーロックはズーとレノロックにデッキパワーの差がすごくあり、また日本では元々ズーが人気なこともあり、ウォーロック=ズーという認識でいいと思った。

そしてこの構成の場合、私がオンラインでも使用し、得意デッキでもある海賊ウォリアー、ミラクルマリゴスヨグサロンドルイドを使うべきだと思った。この2つのデッキはズーに弱いのが欠点でラダーではあまり強くないが、それ以外のデッキにはめっぽう強いことを知っていたからだ。

その次に決めたのがシャーマンを使うことである。前述したようにシャーマンはデッキタイプが2つありマッチアップがバラバラのため、アグロシャーマンを全力でメタる構成や、ミッドレンジシャーマンを全力でメタる構成を持ち込むことにはかなりのリスクが有る。これは4ヒーロー全てでシャーマンがメタられて負けるということがほぼあり得ないことを意味する。シャーマンは安全なのだ。

アグロにするかミッドレンジにするかは、かなり迷ったが僕の所属しているアマチュアゲーミングチーム『ドラゴンハンター研究所』のメンバーがやたらミッドレンジを推してきたため、ミッドレンジになった。

最後に決めたのがラクダハンターである。ルネさんが4HERO1BANならラクダが使えるんじゃないかと発案し、実際にマッチアップの検証をしたら、ラクダを入れると私が思っていたよりも遥かにローグ・フリーズメイジ・コントロールデッキ全般に有利が取れていることが分かった。全てのデッキをとりあえず試してみることが非常に重要だと実感した。

そこで私は海賊ウォリアー・ミラクルマリゴスヨグサロンドルイド・ラクダハンター・ミッドレンジシャーマンを持ち込むことにした。

day1-hero1day1-hero2day1-hero3.pngday1-hero4.png

<この構成のメリット>

・相手のデッキ構成にローグ・フリーズメイジ・ンゾスパラ・ウォリコン・プリーストが入っていた瞬間、4デッキで潰すことが出来るので勝ちが確定する。

・海賊ウォリ・ミラクルマリゴスヨグサロンドルイド・ラクダハンターは当時のメタ外のデッキであり、シャーマンも前述したようにデッキタイプが2つあるので、自分が4デッキ全てで特定デッキをメタられて負けることはない。

・全てのデッキのパワーが高く、不利相性でもまくる力を持っている。

<デッキ構築のポイント>

・海賊ウォリアーは私がラダーでも愛用しているリストでこれがベストだと思っているのでこの形にした。

・ミラクルマリゴスヨグサロンドルイドは専門家のいくらさんに相談したら、28枚固定で本来爪が入っていた箇所2枚入れ替えていいと言われたので、今回のメインターゲットのフリーズメイジ、ローグに強くなるようにとラグナロス、純粋にカードパワーを評価してファンドラルを入れることにした。ラグナロスは本当に大活躍でこれが爪だったら負けていた。いくらさんありがとうございました。

・ラクダハンターは、今回ウォーロックをBANするためシャーマンをBAN出来ないので、シャーマンとたくさん戦うことを想定して低マナミニオンをたくさん入れた。これによりシャーマン側が事故った時に勝つことを狙った。ズーを絶対にBANすることは決めていたので猟犬を放て等のズーに強いカードは全て抜いた。

・フフラン王女は僕の中ではステータス・効果・ビジュアル・ボイスともにTier1なので採用した。ラクダで盤面を取っている予定なので蝕まれしオオカミが生存していることが多いだろうとも考えた。

・ミッドレンジシャーマンは全く使ったことがなかったので適当にリストを探してきたのだが、今回はズーをBANすると決めていたのでライトニングストーム1枚積みのものを探した。NA予選でAmnesiaとJustsaiyanが使用していたものがライトニングストーム1積みだったのでそれをベースに、NA予選で抜けたミッドレンジシャーマンが全員1枚積んでいる原始融合を入れて縁起を良くしたり、ウォーロックBANでウォーリア・シャーマンとたくさん戦うことが予想されたのでハリソンジョーンズを入れたりした。

<試合結果>

vs myr(ローグ/ドルイド/ハンター/シャーマン)

元日本二位の実力者で東京のオフイベでよく会う知り合い。すごく自分と構成が被っていたので驚いた。ウォーロックがいなかったので、次に嫌なシャーマンをBANした。相手の構成にローグが入っていたので、楽に試合を進めることが出来た。3-1。

vs Jako(ウォリアー/メイジ/シャーマン/ウォーロック)

アジア2位フィニッシュしたこともあるラダーがすごく強い子。最近始めたプレイヤーでまだ若いらしい。選手権直前になぜか開催された『clownJPのプレイを見ていちゃもんをつける会』で話した。私とクラウンがフェイスにボルトを撃つか撃たないかで喧嘩していたのに巻き込まれて真面目に考えてくれた。やさしい。

スクリーンショット (118).png

試合内容はこっちのラグが有能であっちのラグが無能だったことしか覚えてないが、運良く3-0してしまった。まぁ多分相手にフリーズが入ってるなら構成勝ちもしていたと思う。

vs ReneKuroi(ウォリアー/メイジ/シャーマン/ウォーロック)

今大会に向けて一緒に練習したドミニオンの元世界チャンプ。練習へのモチベが半端なかった。しかし、向こうの構成にフリーズメイジが入っているのを知っていたため、負けないだろうなぁとは思っていた。

途中でファンドラルが場に出ていた時に、生きている根を撃とうとしていつもの癖で画面をクリックした際に、たまたま自分のラグナロスの上で、かなしい事件が起こってしまうが、順当に構成勝ちしてフリーズメイジを止め3-2。

広告

日本選手権を振り返って・2」への2件のフィードバック

  1. 勉強になりますが、ラダーのランク上げに必死なのでほえーって感じでみてますw。いつか私もこの記事参考にしてみせますよ!!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中